HOME > 岡山医療生協のご案内 > 組織概要・沿革

組織概要・沿革

組織概要(2017年6月末現在)

定款地域 岡山県下全域
所在地 岡山市中区赤坂本町2-20
電話番号 086-271-0943
組合員 66,872人
出資金 1,868,442,212円
支部数 46支部
地域班数 817班
職員数 1,020名
事業所 病院[2]/診療所[4]/介護事業所[11]/歯科診療所[1]

仕事と育児等の両立支援 岡山医療生協はファミリーフレンド企業に選ばれています

ファミリーフレンドリー企業表彰とは

仕事と育児・介護が両立できるようなさまざまな制度を持ち、積極的に取り組んで成果を上げている企業を表彰し、ひろめていこうという制度で、岡山医療生協が表彰された2006年度は全国で31の企業が表彰されました。

岡山医療生協の表彰理由

育児休業の取得率が高く、ほぼ全員が復帰、男性の取得者もある、仕事と家庭の両立がしやすい制度・企業文化がある。などが表彰理由です。

岡山医療生協の次世代育成支援対策行動計画

 岡山医療生活協同組合(以下、組合と言う。)は、組合の職員が仕事と子育てを両立させることができ、職員全員が働きやすい就労環境の整備を進めることにより、すべての職員がその能力を十分に発揮できるようにするために次のような行動計画を策定し、組合を揚げて取り組むものとする。

1.期間

2015年4月1日より2018年3月31日までの3年間とする。
なお、計画期間終了後においては目標等の達成状況を確認し、未達成の行動計画については、その後も目標達成に向けて取り組むものとする。

2.行動計画
目標1  妻出産休暇・育児休業制度の利用促進
  • 男性職員の妻出産休暇及び育児休業の取得を促進するため、男性職員に制度を周知するための手立てを講じる。育児休業については期間中に1名以上の取得をめざす。
  • 出産予定の職員に、産前産後及び育児休業期間中の様々な公的給付等について一層周知を進め、出産に係わる不安を軽減するよう援助を行う。
  • 職員に、産前産後及び育児休業中に様々な公的給付等について早見表を作成、説明会を実施して周知を進める。
  • 育児休業期間中の代替要員の確保や業務体制の見直しを行うことで、出産予定の職員が育児休業をより取得しやすい環境づくりを進める。
目標2  時間外労働の減少
  • 業務改善・ノー残業デーなどの取り組みを広めることで、組合全体で時間外労働を減少させ、家族が触れ合う時間を増やすことをめざす。
目標3  年次有給休暇の取得促進
  • 有給休暇に対する正しい理解を、特に役職者を対象に労務管理研修を実施して周知を進める。
目標4  地域ぐるみの育児・子育てサポート
  • 職員を含む地域ぐるみで育児や子育てをサポートしていくための行事を、引き続き取り組んでいく。
岡山医療生協は次世代育成支援対策推進法に基づく2011年認定事業主として認定されました

この制度は、少子高齢化が進む状況の中で、職員が仕事と子育てを両立できるよう就労環境の整備などを行う計画を策定・実行・達成し、かつ一定の要件を満たした企業が申請を行うことにより「子育てサポート企業」として厚生労働大臣の認定を受けることができるものです。

くるみん
くるみん

次世代育成支援認定マークの「くるみん」です。このマークで子育てサポート企業であることをアピールしていきます。

60年の歩み

いつも身近に、気がねなく安心して診てもらえる医療機関があったら――戦後の貧困と荒廃の中、民主運動を進める人達と地域の住民が中心となって、設立されたのが岡山医療生協です。1952年、組合員(300人)の知恵と力を集めて、初めて誕生した医療機関が大衆診療所(今の駅元診療所)でした。

1952年 岡山市医療生協創立(組合員306人、出資金10万円)
1957年 朝日訴訟始まる
日本生協連(日生協)医療部会結成
1960年 協立病院建設(100床)
組合員健診、共同購入、ポリオワクチン闘争
1966年 岡山協立保育園開園
1977年 全身用CT導入
25周年生協まつり、第1期保健大学
1983年 総合病院372床
新出資制度への移行、組合員検診開始
1984年 組合員2万人、定款地域を全県とし、岡山市医療生協から「岡山医療生協」に
健保本人1割負担開始
1988年 1億円増資運動始まる
第一回健保大会
1989年 西診療所を増改築し、せいきょう駅元診療所に
岡山東中央病院購入
1993年 コープ西大寺診療所開設
1998年 わかくさ診療所開設
第1回ヘルパー講座
1999年 コープみんなの診療所、訪問看護ステーションコスモス開設
東中央病院療養棟増床
2000年 協立病院リニューアル工事開始
自治体健診2万人達成
介護保険創設
ヘルパーステーションレインボー開設
2002年 50周年
協立病院リニューアル完成
健康まつり in 浦安
2003年 在宅福祉総合センター倉田開設
介護タクシー事業開設
協立病院機能評価認定
協立病院臨床研修指定
2004年 在宅福祉センター福浜開設
ヘルスアップチャレンジ
新組合員証の更新
2005年 岡山医療生協個人情報保護方針策定
2006年 株式会社メディコープおかやま設立
2007年 岡山協立病院歯科臨床研修病院となる
ISO9001:2000認証取得(全事業所)
2008年 協立病院機能評価認定 Ver.5 に更新
岡山協立病院内視鏡センター稼働
高齢者住宅運用開始
2010年 デイサービス虹の家開設
2011年 岡山協立保育園 社会福祉法人にじのこ福祉会発足にともない独立
せいきょう玉野診療所開設
協立病院緩和病棟開設
グループホーム福浜開設
総代会において法人理念を決定
2012年 岡山医療生協創立60周年記念フェスタ
2013年 わかくさ診療所閉鎖、介護タクシー事業廃止、歯科診療所開設決定
2014年 岡山協立病院地域包括ケア病棟開設、生協玉野診療所・虹の家ISO認証
2016年 コープ倉田歯科開院、せいきょう駅元診療所閉鎖、大野辻クリニック開院
岡山県子育て支援企業に登録 岡山市福祉のまちづくり表彰を受ける
2017年 デイサービス虹の家新築移転、透析センター着工9月完成予定