HOME > お知らせ&ご案内

東日本大震災への岡山医療生協の対応について

岡山医療生協として、この度の東日本大震災で不幸にも亡くなられた被災者のみなさまに哀悼の意を表するとともに、負傷者のみなさまには心よりお見舞いを申し上げます。また、厳しい寒さの中、行方不明になられている被災者のみなさまの一刻一秒でも速い救助をお祈り申し上げます。
 すでに新聞やテレビなどで報道されているとおり、3月11日に発生した東日本大震災は、東北地方、関東地方の広範囲にわたり甚大な被害をもたらしています。1万人を超えると言われる犠牲者数、津波による家屋の喪失、田畑への海水浸水・港湾施設・生産施設の被害など未曾有の災害となっています。
 さらに、3月13日に発生した福島原発の事故は、新たな重大事態を生み出しました。また、ガソリンをはじめとした燃料不足が被災地での復旧と、支援活動を難しくしています。
 こうしたなか岡山医療生協として、「医療福祉生協連・民医連、行政からの要請に基づいて可能なかぎりの人的支援、物的支援をとおして、被災者及び、被災院所の支援をおこなうこと」を災害支援方針として確立し、組織をあげて支援活動に取り組んでいくことを決定しました。
 そして、災害支援方針を具体化するため、「岡山医療生協・東日本大震災支援本部」を設置しました。
 いまだ被害の全容がつかめないなか、復旧から復興への道のりは長期間に及ぶものと思われます。岡山医療生協の役職員・組合員一丸となり、被災院所及び、被災者のみなさまへより多くの支援ができるよう最大限の取り組みを行っていきます。

2011年 3月 24日  岡山医療生活協同組合

2011.03.28 00:00 | Trackback(0)