HOME > お知らせ&ご案内

11月24日コープ大野辻賃貸借契約書の調印式が行われました。

「食と健康の地域拠点づくり」にむけて ~コープ大野辻クリニック開設に向け調印式が行われました。


 

せいきょう駅元診療所の閉所に伴い、おかやまコープのコープ大野辻店の2階に『コープ大野辻クリニック』として診療所がリニューアルオープンします。11月24日(月)にオルガ本部で「コープ大野辻賃貸借契約書調印式」が行われました。

岡山医療生協からは木村高清理事長、和田博知専務理事、河本志津恵理事、冨家朱代駅元診療所事務長、おかやまコープからは平田昌三理事長、西山修司店舗事業本部長、岡崎正恵岡山西エリア理事、が出席されました。

 

購買生協の店舗に医療生協の診療所が開設されるのは「中国四国地方初」。コープ大野辻店の2階敷地内に診療所を開設することにより、「食」と「健康」の拠点として利便性を高め、地域に貢献することを目指します。

 


診療所の名称は『コープ大野辻クリニック』。開設は16年春の予定です。

 

岡山医療生活協同組合 木村理事長

おかやまコープさんとはいろんな形でご縁があり、手を携えてきた関係です。

岡山医療生協は、「健康で長生きしたい」という願いに応え、いざという時に安心して利用できる診療所・病院・介護事業所を組合員参加で利用・運営してきました。その発祥の地が駅元診療所でした。再開発などで、当初と立地条件が異なってきたところ、コープ大野辻店2階に『コープ大野辻クリニック』を開設させていただくことになりました。

このクリニックのコンセプトは、“食と健康の地域拠点づくり”病気を治療するだけではなく、健康づくりや予防などもご一緒にできればと考えています。今後とも生協間連携を強めていけるようよろしくお願いします。

 

おかやまコープ 平田理事長

岡山医療生協さんには、おかやまコープの前身である旧岡山生協が41年に事実上倒産して再建する際に、大変お世話になりました。また、2012年は国連が定めた『国際協同組合年』でしたが、“私たち協同組合の果たす役割は、未来をつくっていけるだろうか”ということを一緒に勉強させていただき、連携を模索していました。その中で本日の調印が実現し、大変ありがたく感じています。

地域の食と医療・介護に役立ちたいとの決意を持って、本日の調印に臨みました。具体的なことはまだこれからですが、今日に至った経緯を踏まえ、今後も岡山医療生協と一緒にできることを具体化し、組合員や地域住民の方の要望や困りごとをしっかりお聞きし、地域づくりの一助を担っていけたらと考えています。

 

 

2015.12.02 16:07 | Trackback(0)