HOME > 岡山医療生協ブログ
岡山医療生協ブログ

「平和」について考えて活動しよう!

平和の取り組み

岡山医療生協では、職員・組合員など、多くの方々と手をつないで平和環境を守る活動に積極的に取り組んでいます。

活動内容は、たとえば、戦争や核兵器のない世界の実現を訴える「国民平和大行進」への参加や、「憲法9条」を地域の中で語りあうこと、平和に関する映画会などで「平和」の大切さを考え広めることなどです。


原水爆禁止世界大会

 今回、86()に広島県で行われた「原水爆禁止世界大会」に行ってきたのでご紹介します。


1945年の86日の広島市は雲ひとつない青空で、原爆が投下されたのは多くの通勤・通学の人々が街を往来していた時間。午前815分、広島に核兵器が投下され、多くの命が犠牲となりました。今年で原爆投下から73年を迎えたこの日も当時と同じ快晴でした。


日本は、唯一の被爆国として、今後このような悲しい出来事を繰り返さないよう、世界へ訴え続けていくことが「原水爆禁止世界大会」の大きな目的です。

      世界大会で平和活動を発表する人々

「原水爆禁止世界大会」は、国内外から様々な年代の人々が参加され、平和に関する思いや活動の報告がありました。報告を聞くことで、新たに考え、多くの気づきがある貴重な機会となりました。


記念碑をめぐって歴史を体感

          平和の碑をめぐる参加者

「原水爆禁止世界大会」の後に、「国立広島原爆死没者追悼平和祈念館」、「碑めぐり体験」を通して歴史を学びました。大会参加や歴史からの学びを、学んだ経験を今後の活動に活かせるようにします。


8月を平和について考え行動するきっかけにしませんか。