医師募集|岡山協立病院医師募集サイト

患者様に喜んでいただける医療が出来ると思います。

クリックで動画をご覧になれます。

自己紹介をお願いします

昭和61年に岡山大学を卒業しまして、その後直接この岡山協立病院に就職しました。それから約26年経ちまして、今は副院長をやっております。

現在の仕事と内容を教えてください

本来ならば、副院長の管理職をしないといけないのですが、十分に出来なくて、今の主体はやはり臨床の場で呼吸器の患者様を中心に診療を行うことです。

辛いことや大変なことがあれば教えてください

呼吸器の患者様というのは、なかなかすっきり治らない方が多くて、なかなか元気に退院できないので、満足していただけるということがあまりないかもしれません。その中で、いかに満足してもらえるかをいつも考えて、診療を行っています。

仕事をする上でのやりがいは何でしょうか

忙しくて大変かもしれませんけれど、その中に非常に珍しい疾患の患者様やあるいは誰も見たことがないような、そういった患者様に出くわしたりするとどんなに忙しくても、頑張れると思います。
ただ、仕事が、それでつらいとか、しんどいとか、そういうことを感じたことはあまりありません。

仕事をする上で心がけていることはありますか

特に毎日心がけてやってることは実際にはありません、自然の形で診療を行っています。ただ気をつけていることは患者様の言葉を否定しないということです。患者様が「わたしはこう思うんです。」といったら、「ああ、そうですか。」と、必ず肯定してあげる、それから診察をしていくようにしています。

理想の医師像があれば教えてください

若いころに考えていたことと、今、年を取って考える医師像はまた違ってきています。今、私が一番理想とする医師は、若い医者を一人前の医者に育てることができる医師だと思います。
最初から何でもできる医師ばかりではないので、なかなか出来ない医者を、きっちりと10年かけて、育てていける、ということが一番大切なのではないか、という風に思います。

求める人物像を教えてください。

今、進路をどこにしようか、と迷ってる先生方がおられましたら、是非協立病院に来て一度挑戦してみて下さい。大学のような、最先端の医療をするわけではありませんが、きっと、患者様に喜んでいただける、そういった医療が出来るのではないかと思います。
そして10年、20年していくと、きっと医者としてやりがいのある、そういった医療を、身につけることができると思います。是非、一度来て下さい。