医師募集|岡山協立病院医師募集サイト

こういうことをやってみたいという意欲のある方 私たちと共にチーム医療を支えてください。

クリックで動画をご覧になれます。

自己紹介をお願いします

日頃は一般内科および、循環器診療を中心に診療しております。
また、医師初期研修の、研修プログラム責任者をしており、日頃は若手医師、スタッフと一緒に仕事をさせていただいております。

岡山協立病院の内科の特徴を教えてください

当院の内科の特徴としましては、高齢者が非常に多いというのがあげられます。そのために、総合診療的に、全人的に見る、ということを求められることが非常に多いです。
研修医の先生とも、患者様の生活の背景も含めたことをみるように、と常日頃から指導するようにしております。ただ一方で、専門的な知識や技量が必要な場面というのは結構多いものなので、そのために各医師にはそれぞれのサブスペシャリティという領域で活躍してもらっているのが今の現状です。
具体的には、消化器、肝・胆・膵、それから呼吸器、感染症、循環器、あるいは糖尿病、それから腎臓透析、こういった、いろいろな分野があり、そういったところに、各医師が学会に所属してもらい、その多くは、教育施設に認定されております。
具体的な数字をあげてみますと、内視鏡では、上部消化管が年間4300件、下部消化管が1200件くらいしております。それからPCIや、ペースメーカーの埋め込み、あるいは透析患者様も今、60人を越えております。糖尿の患者様も1500人以上いらっしゃるというのが、当院の現状ですので、そういう専門性も一方では、求めているというのが、今の現状になっています。

もう一つの特徴としては、横のつながりです。それを非常に重視しており、例えばNSTでいわいる栄養サポートチーム、それから、呼吸器のサポートチーム、あるいは糖尿病などですね。心臓リハビリテーションといったものは、週一回必ずスタッフ、他職種が集まってのカンファレンスを行うといったようなことで、チーム医療が実践できる、というのを今、大きな目標として内科としては取組んでいます。

職場の雰囲気を教えてください

雰囲気につきましては非常に明るい職場だと思います。
というのも、一つは各科非常に垣根がないというのが、岡山協立病院の大きな特徴で、内科のなかでも先ほども申しました、呼吸器、循環器、消化器といったところにそういった各科の垣根もないですし、あるいは、科を越えて、他科との連携も非常に強いので働きやすい雰囲気があるかと思います。
また、スタッフのほうも、先ほどチーム医療ということを話しましたけれども、看護師さん、それからリハビリのスタッフ、薬剤師さん、栄養士さん、MSWといったところも非常に積極的に入って、非常に活気があるので、明るい、働きやすい雰囲気があると思います。

求める人物像を教えてください

当院は、高齢の患者様が非常に多いので、全人格的、総合診療的に診て下さる先生、そして、チーム医療をやってみたい、という先生方に、是非来ていただきたいと思っています。
もちろんその一方で、専門性を重視した医療というのも私たちには必要となっていますので、こういうことをやってみたいという、そういう意欲のある方、私たちと共に是非、チーム医療を支えていってほしい、と切に願っております。よろしくお願い致します。