健診予約(個人) 健診予約(団体)

検査の説明

子宮の検査

子宮がんには、膣に続く頸部にできる子宮頸がんと、その奥の体部にできる子宮体がんがあります。
検診では子宮頸部がんの検査をします。
頸部がんは自覚症状がほとんどないため、がんが進行しやすく子宮摘出が必要になる場合もあります。しかし、子宮頸部がんは検診で発見しやすく、がんになる前の段階(前がん状態)で発見できます。前がん段階である初期に発見できれば子宮を温存して治療でき、その後の妊娠も可能ですので定期的な検査を受け、がん化を予防することをおすすめします。

子宮頸がん 子宮体がん
発生部位 子宮の入り口である頸部 子宮の奥にあたる体部のうちの内膜
多発年齢 20歳から増えはじめ、30〜40歳代で多くなる 50歳から60歳代に多い
危険因子
  • ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染との関連が強い
  • 性交渉開始年齢が早い
  • 喫煙者
  • 長期間のホルモン補充療法を受けた
  • 妊娠や出産の経験がない
  • 肥満、高血圧、糖尿病
症状
  • 初期はまったく症状がない
  • がんが少し進行すると、月経でない時の出血、性行為の際の出血や普段と違うおりものが増えることがある
  • 不正性器出血やおりものがある
  • 閉経後に少量ずつ長く続く出血がある

子宮頸部がん検診

医師による視診・内診・頸部の細胞診(子宮頸部の表面から細胞を綿棒などで採取し顕微鏡で調べる検査)により、がんの有無を調べます。

この検査をオススメする方 この検査をオススメする方

  • 20歳以上の女性
  • 普段、婦人科を受診する機会がない
  • 性交渉の経験がある

検査の注意点 検査の注意点 等

  • 子宮体がん検診をご希望の場合は婦人科を受診し、ご相談ください。

婦人科エコー検査

膣にエコーを挿入し、超音波により子宮や卵巣の位置や大きさ、子宮筋腫や子宮内膜の異常、卵巣腫瘍の有無等を調べます。

この検査をオススメする方 この検査をオススメする方

  • 20歳以上の女性
  • 普段、婦人科を受診する機会がない

検査の注意点 検査の注意点 等

  • 性交渉の経験がない方は検査が難しい場合があります。

※当院では子宮を全摘出された方は子宮頸がん検診の対象にはなりません。

HPV検査

血液検査で検査を行います。
HPV(ヒトパピローマウイルス)は子宮がんの発症と関係が深いことが分かっています。子宮細胞検査に併用することにより、精度の高い検査にすることができます。がんの前段階である異常細胞の早期発見につながります。